折れ線型自閉症の絵日記・記事はコチラ

折れ線型自閉っ娘、ナノ子の発語の歴史をグラフにしてみました

記憶では1才半健診までは普通だったんですが、改めて写真を見返してみるとそのころにはもう無表情がちらほらありましたね。

急激に自閉っ子全開になった1才9ヶ月頃は、力が入って視線を動かさない独特の無表情がデフォルトになってました。

2才になると表情は少し戻ってくるのですが、激しい癇癪や指示に従えないことが多くなっていきます。

ほとんどの折れ線型自閉っ子は1~2才の間に始まるようなので、ナノ子も典型的なタイプでしょうか(参考にした論文

言葉は一回消えても戻ってくるので、そんなに心配いらないんじゃないかなあと思います。


3才を過ぎて言葉の遅れがあると、周囲からすっごい色々言われます。

テレビ見せすぎてない?
ちゃんと話しかけてる?
何かショックなこととかなかった?

ちゃんと育ててないんじゃない?という意味を含んだ心無い言葉は、大体が公的機関で相談した時に言われます。

病院とかママ友からは言われたことない…
どうなってんだ自治体の教育YO!

今自閉症の心配をされているパパママ達に、少しでも参考になると嬉しいです。