折れ線型自閉症の絵日記・記事はコチラ

【自閉っ子の学校選び③】校区の支援学級の見学。落ち着いたクラスで逆に不安に

姉のピコ美が前年から通っているとはいえ、定型発達っ子だと学校へ行く機会ってそんなにない。

ナノ子の支援学級見学の時は、初めての場所に来たような気持になってました。

ショッピングモールとか大きな建物では、エントランス部分が結構苦手なのですが、学校へはすんなり入れました。たまたま?

しかし学校独特の構造に緊張している様子のナノ子。
教室にもちょっと時間をかけて入室。

大泣きせずに着席できただけで、結構嬉しかった(^^!

ナノ子好みの粘土の時間だったので、一心不乱にフォークでぶっ刺し続けるナノ子。先生の

「次はリンゴ作るよ~」

の指示とか前無視。
…まあ、静かに座っていたのでナノ子さんに1000点です。

支援学級は地域や先生、入学のタイミングによってどんどん変化するナマモノ的なところ。

見学時は先輩児童も緊張しているのか、とてもきちんとしており、私は

こんなレベルでナノ子はやっていけないのでは?

と不安になりました((+_+))
そんな気持ちで次は支援学校の説明会&見学会に向かいますー