折れ線型自閉症の絵日記・記事はコチラ

chromcast(クロームキャスト)で、スマホがリモコンになる

こんにちは、なのぴこです。
我が家ではYouTube動画をchromcast(クロームキャスト)でテレビ画面に映してみています。

スマホがリモコンで便利&省スペース

テレビモニタのHDMI端子に差し込んで使うchromcastでは、手持ちのスマホで再生する動画を選ぶことができます。

普段スマホで見ているままの画面で、手元で見たい動画を選ぶことができるのでストレスがありません。

音量などの操作もスマホでできるので、chromcast用のリモコンが増えて収納スペースを圧迫することもないです。

「キュー」で次の動画を再生予約できる

我が家でchromcastを使い始めて5年くらいたちますが(初期のスティック型から使ってます)、一番便利だなーと感じるのは「キュー」で動画の再生予約ができることです。

YouTube動画って、一本だいたい10分とか15分くらいですぐに終わるので、終わるたびに次の動画をぽちっとしていると忙しくて落ち着かないんですよね。

「キュー」を使えば、わざわざ再生リストを作らなくても、選んだ順番でテレビモニタで再生できます。

ご飯食べている時に、お気に入りのマイクラ実況動画をキューに沢山いれて、流しっぱなしにしています。

YouTubeアプリにも実装して欲しい…

子供でも操作が簡単

最近の子供はフリック入力なんてお手の物。
6才になる頃には余裕でキュー操作も使いこなしています。

ボタンだけがずらっと並んでいる普通のリモコンに比べて、画面のあるスマホだと子供でも簡単に見たい動画を選ぶことができます。

上の子は体育の時間にできなかった後転(後ろ向きのでんぐり返し)の解説動画を、テレビに映して練習してました。無事にできるようになりましたよ!

大人はニュース動画とかをながら観できるのも便利。

wi-fi(ワイファイ)環境が必要

chromcastを使用するには、お家にwi-fi環境が必要です。
chromcast本体とスマホだけでは使えないのでご注意を。

あとchromcastは電源アダプタからの給電が必要です。
本体をテレビモニタのHDMI端子に挿してぶら下げたら、そこから四角い電源アダプタをコンセントまで配線します。

2.5GHz帯よりは5GHz帯での接続がおすすめです。
2.5GHz帯だと我が家では動画がカクカクすることが多かったのですが、5GHz帯に変更したらスムーズになりました。

スマホ画面をテレビモニタに映して、ながら観生活はいかがですか?